沖縄の進学・暉義塾髙等学院(ひかりぎじゅく)

沖縄の通信制高校サポート校。東大など難関大学や医大受験・進学を応援指導。

どんなところ?

生徒一人ひとりに焦点を合わせた完全個別のカリキュラム。
中部地域以北の本格進学校です。

難関大学や医学部などへの進学を希望する生徒にとって、昭和薬科大学付属高校や沖縄尚学高校、あるいは興南高校などは魅力の高校であります。

しかしながらこれらの私立高等学校は那覇市に集中しており、沖縄市以北の生徒にとって通学の面では不便を強いられておりました。

この度、暉義塾髙等学院が開設されることにより、沖縄市以北の生徒にも利用しやすい環境が整うことになりました。

授業について

高校卒業に必要な単位修得のための授業は月一回程度となります。
それ以外は完全個別のカリキュラムで全科目に対応します。

独自のカリキュラムと東進衛星予備校(サイト)のプログラムを融合させることによって、これまでになかった新たな単位修得制度が始まります。

生徒一人ひとりに焦点を合わせた完全個別のカリキュラムは県内に類を見ない新たな指導法であり、他校と異なる当学院の特徴といえます。

体験型指導

体育や音楽、美術などの技能教科は、屋外に出て本物に触れる体験型指導を導入し、生徒のモチベーションを常に高く維持する仕組みを採用しています。

たとえば、体育の時間はスキューバダイビングや水上スキー、美術の時間は美術館で本物の芸術を鑑賞し、音楽の時間は生のオーケストラ演奏に浸る、といった本物体験で心身の成長を図ります。

  • 沖縄県立博物館での美術鑑賞
  • 沖縄国立劇場での組踊り鑑賞
  • 沖縄県身体障害者スポーツ大会のボランティア
  • スキューバーダイビング
  • 調理実習
  • 各種講演会や演劇会

生徒の心をケア

(株)日本脳力開発研究所は、2007年に文科省からメンタルトレーニングのプログラム開発の依頼を受けました。

心の病で職場や学校を休まざるをえない人々の増加を憂えてのプログラム開発です。こうして出来上がったメンタルウェルネストレーニングは、現在全国の職場や学校で採用され大きな成果を上げております。

そのメンタルウェルネストレーニングの講師資格を持つ当学院の講師が、生徒の心をケアしていきます。

ページの上へ