沖縄の進学・暉義塾髙等学院(ひかりぎじゅく)

沖縄の通信制高校サポート校。東大など難関大学や医大受験・進学を応援指導。

よくある質問

暉義塾髙等学院とは?

A 通信制高校のスタイルと東進衛星予備校(東大現役合格日本一)のスタイルを活かして2014年に開校した新しい学院です。高校在学中に並行して個別カリキュラムの受験対策で現役大学合格を目指します。

「単位制」と「学年制」は、どのような違いがあるのですか?

A 単位制は、学年による教育課程の区分を設けない無学年制で、累積して3年以上の在学期間と74単位以上(平成15年度の1年生)からの修得単位数で卒業が認定されます。

入学試験について教えてください

A 入学試験は、面接と学力検査を総合的に判断して合否の決定をします。面接では、本人および保護者そして本校の共通認識を十分に図ることを目的に数回実施します。学力試験は、入学後の学習プログラム・個別カリキュラム作成に際する基礎データとして生かされます。

登校時間はどうなっていますか?

A 高校卒業の単位修得のための月1回程度の登校と、大学の志望校により個別カリキュラムによる登校があります。教室としては基本的に平日10時~22時、日曜祝祭日10時~20時で対応しています。

通常の試験について教えてください。

A 学期末試験が年2回あります(高等学校卒業に必要な単位修得のため)また、自身のレベルアップのために2ヵ月に1回の模擬試験、毎授業毎の確認テスト、単元修了毎の終了判定テストがあります。

他校からの転編入は可能ですか?

A 入学対象者であれば可能です。

外国の高校に在籍していた場合の単位や在籍期間はどうなりますか...

A 通信制高校で学んだ科目や期間は所定の認定がなされます。

大学等推薦はありますか?

A 全国に120校あまりの指定校推薦枠があります。

交通機関の割引や、通学定期は使えますか

A 通学は「学割」や「通学定期」が使えます。

学費や費用について

A 国から支給される就学支援金に対応しており、年間約12万円~支給されます。また、学費は志望校により異なりますので、各自お問い合わせください。

詳しい資料はありますか?

はい。こちらの募集要項でご案内しております。
平成30年度暉義塾 入学生募集要項のサムネイル

入学前のご相談は可能ですか?

はい。当ホームページのお問い合わせからご相談いただくか、
直接事務局までご連絡ください。

連絡先:098-989-0305

ページの上へ